Kシリーズレシプロ石炭フィーダー

簡単な説明:

K型レシプロ石炭フィーダーは、クランクコンロッド機構を採用し、底板を5度下に引きずり、ローラー上で直線往復運動を行い、石炭等の粉砕性や粘度の低い緩い粒状・粉末材料を均一に排出します。供給装置から受信装置へ。


製品の詳細

製品タグ

K型レシプロ石炭フィーダーは、クランクコンロッド機構を採用し、底板を5度下に引きずり、ローラー上で直線往復運動を行い、石炭等の粉砕性や粘度の低い緩い粒状・粉末材料を均一に排出します。供給装置から受信装置へ。Kタイプの往復フィーダーは、鉱山、鉱山、選炭工場、移送ステーション、石炭処理ワークショップ、港湾バルク材料ターミナルなどでバルク材料を輸送するのに適しています。バルク材料をベルトコンベヤーまたは他のスクリーニング装置および保管に転送できます。サイロを介して、または直接デバイス。鉱石、砂炭、穀物、その他のバルク材料の均一な供給を実現します

この装置は、石炭バンカーを介してコンベヤーまたは他のスクリーニング装置に石炭を均一に供給することができ、これは鉱山および選炭工場に適しています。

1.構造:石炭供給装置は、漏斗、減速機、共通モーター、伝達プラットフォーム、伝達機構、底板(石炭供給プレート)、石炭供給本体、ローラー、およびゲートで構成されています。

2.原理:減速機とクランクのコネクティングロッド機構により、モーターは底板を駆動してローラー上で直線往復運動を行い、コンベヤーまたは他のスクリーニング装置に材料を均一に降ろします。

 

石炭供給装置の構造には、調整ゲート付きと調整ゲートなしの2種類があります。

調整ゲートのある生産性はゲートで制御でき、上表の生産性は最大位置に調整した場合の生産性(調整ゲートなしの生産性と同等)です。

 

K型レシプロ石炭フィーダー(フィーダー)の設置と使用

1.レシプロ式石炭フィーダーは貯蔵ビンの開口部の下に固定されています。取り付ける前に、水平位置を決定し、フレームとビンの開口部をボルトで固定してから、トランスミッションプラットフォームを正しい位置に配置し、Hフレームをフレームとトランスミッションプラットフォームにしっかりと溶接し、位置合わせして取り付けます。レデューサーとモーターを適切に調整し、ボルトで固定します。

2.往復式石炭フィーダーの設置後、無負荷試験を実施する必要があります。運転中は、すべての部品が正常に動作することを確認し、転がり軸受の最高温度上昇が60℃を超えないようにしてください。

3.除荷要件に応じて生産性を調整する場合は、クランク部のピンシャフトを引き抜き、ナットを緩め、クランクシェルの「1、2、3、4」の位置を回転させて固定位置を選​​択し、ピンシャフト、クランクとクランクシェルを接続し、ピンシャフトとナットを締め、調整後エンジンを始動します。

 

K型レシプロ石炭フィーダー(レシプロフィーダー)の日常のオーバーホールとメンテナンス:

1.フィーダーを操作する前に、バンカーに石炭を積み込むときに床(石炭供給プレート)に直接影響を与えないように、バンカーに十分な原炭が必要です。

2.毎月連続作業を行った後、機械部品の緩みなどの異常がないか確認してください。異常が発生した場合は、すぐに修理してください。

3.石炭と直接接触している往復式石炭フィーダーの下部ライニングプレートは、その厚さが元の厚さの半分を超える場合は、修理または交換する必要があります。

 

往復部品が6か月間正常に機能しない場合は、すぐに交換する必要があります。

 

レシプロ石炭フィーダーの主要部品のメンテナンス:

a。レデューサー:6か月ごとにチェックし、転がり軸受とボックスを清掃するか、潤滑油を交換します。

b。モーター:モーターのメンテナンス要件に応じて。


  • 前:
  • 次:

  • 関連製品