振動モーターと通常のモーターの違い

振動モーター:

振動モーターはローターシャフトの両端に調整可能な偏心ブロックのセットを備えており、加振力はシャフトと偏心ブロックの高速回転によって発生する遠心力によって得られます。振動モーターの振動周波数範囲が広く、加振力と出力が適切に一致している場合にのみ機械的ノイズを低減できます。振動モーターには、始動モードと動作モード、および動作速度に応じて6つの分類があります。

通常のモーター:

一般に「モーター」として知られている通常のモーターは、電磁誘導の法則に従って電気エネルギーの変換または伝達を実現する電磁装置を指します。モーターは回路内で文字Mで表されます(古い標準はDです)。その主な機能は、駆動トルクを生成することです。電化製品や各種機械の電源として、回路内では発電機は文字Gで表されています。その主な機能は、機械的エネルギーを電気的エネルギーに変換することです。

 

振動モーターと通常のモーターの違いは何ですか?

振動モーターの内部構造は通常のモーターと同じです。主な違いは、振動モーターはローターシャフトの両端に調整可能な偏心ブロックのセットを備えており、励起力はシャフトと偏心ブロックの高速回転によって生成される遠心力によって得られることです。振動モーターは、通常のモーターよりも機械的および電気的側面で信頼性の高い防振機能を必要とします。同じ出力レベルの振動モーターのローターシャフトは、同じレベルの通常のモーターのローターシャフトよりもはるかに太いです。

実際、振動モーターを製造する場合、シャフトとベアリングのマッチングクリアランスは通常のモーターとは異なります。通常のモーターのシャフトとベアリングは厳密に一致している必要があり、振動モーターのシャフトとベアリングの間の一致するクリアランスはスライドフィットです。0.01〜0.015mmの隙間があります。もちろん、メンテナンス時にシャフトが左右に動くような感覚になります。実際、このクリアランスフィットには重要な役割があります。


投稿時間:2020年8月24日